食品廃棄物を運ばず・燃やさず・その場で処理

バイオ式業務用
生ごみ処理機
『SINKPIA』

CO2を削減する

バイオ式業務用生ごみ処理機『SINKPIA』
資料ダウンロード

 お問い合わせ 


~微生物の力を活用~

「SINKPIA」は微生物を使って有機物を分解する生物処理になります。

《 7つのポイント 》

POINT 1 生物処理で内容物の取り出しは原則不要
POINT 2 業界最小クラスの製品サイズ
POINT 3 室内設置が可能
POINT 4 経済的なランニングコスト
POINT 5 食品リサイクル法における報告が可能
POINT 6 CO2排出量を削減して環境貢献
POINT 7 費用対効果を高める製品管理

《 分解できる/分解できない 食品廃棄物 》

分解できる 分解できない
残飯、バナナの皮、野菜、柑橘類の皮、魚・肉、菓子類 貝殻、玉ねぎの皮、卵の殻、とうもろこしの皮、大きな種、粉類

~使用する微生物と微生物ハウス~

《 使用する微生物 》

シンクザイム
シンクザイム

《 使用する微生物ハウス(微生物固定化担体) 》

(担体:微生物などを広範囲に分布させるために用いる多孔性の物質)
バイオスター/BCN+
バイオスター/BCN+
バイオキャリアプラスティック
バイオキャリアプラスティック

~処理工程~

1日の処理の流れ 1 投入前

《投入前》

処理機の中に、微生物が生息している微生物ハウスが入っている状態になります。処理機下部はメッシュ状になっており、微生物ハウスが排水に流れて無くなることはありません。分解後の処理機の中は常にこの状態になり、使用者が補充する作業は発生しません。
2 食品廃棄物の投入

《食品廃棄物の投入》

調理時の残さ、製品加工時の残さ、残飯などの食品廃棄物を処理機に投入します。水に強い微生物ハウスのため、水切り、脱水処理は不要です。投入時の水はそのまま排水として流れます。
3 定期的な攪拌とシャワーリング

《定期的な攪拌とシャワーリング》

【攪拌】

破砕して細分化することで、微生物の吸着面積を増やします。また、分解に必要な酸素を取り込みます。

【シャワーリング】

分解による温度上昇を防止し、臭いの発生を抑制します。また、PHを7前後にし、微生物の活動環境を整えます。
4 廃棄物投入から24時間後

《廃棄物投入から24時間後》

繊維質等の分解に時間を要する有機物以外、生物分解水とCO2に変換します。本体には微生物ハウスが残り、投入前の状態になります。生物分解水は本体下部のメッシュから排水槽に落ち、雑排水として排水処理(下水道・グリーストラップ・浄化槽など)します。

~食品リサイクル法 再生利用等の優先順位~

食品廃棄物等の減量の実施量において、発酵に計上し報告することが可能です。

再生利用等に取り組む優先順位 1

《発生を抑制する》

生産や流通過程の工夫、消費のあり方の見直しなどによって、まずは食品廃棄物そのものの発生の抑制に取り組みます。
  • 納品期限見直し フードバンク活用
2

《再生利用する》

食品廃棄物のうちで再資源化できるものは飼料や肥料、油脂や油脂製品、メタン、炭化製品(燃料および還元剤としての用途)、エタノールの原材料として再生利用します。(再生利用は第三者に委託または譲渡して行うことも可能です)
  • 飼料化・肥料化
3

《熱回収する》

再生利用施設の立地条件や受入状況により、再生利用が困難な食品循環資源であって、メタンと同等以上の効率でエネルギーを回収できる場合に限り選択できます。
  • バイオマス発電
4

《減量する》

食品廃棄物等は水分を多く含み、腐敗しやすい性質があります。このため、再生利用や熱回収ができない場合は、脱水・乾燥・発酵・炭化により減量を行い、廃棄処分を容易にします。
  • 揚げカス処理機 生ゴミ処理機

~業務用生ごみ処理機「SINKPIA」導入によるCO2の排出量比較~

食品残渣 163,561kgを...
●生ごみ処理機で微生物分解した場合のCO2排出量

生ごみ処理機の分解に必要な電力量をCO2換算
3,908kg
生ごみ処理機への投入に必要な電力量をCO2換算
7kg
生ごみ処理機で微生物分解する際に放出するCO2量
2,944kg
生ごみ処理機にて分解した際に排出されるCO2量
6,859kg

●運搬・処理した場合のCO2排出量

【処分方法1】堆肥化
運搬に要する燃料から排出するCO2量
6,146kg
堆肥化する際に微生物分解により放出するCO2量
2,922kg
運搬・堆肥化した場合に排出されるCO2量
9,090kg
【処分方法2】焼却処理
運搬に要する燃料から排出するCO2量
6,146kg
焼却に要する燃料から排出するCO2量
323,687kg
焼却する際に放出するCO2量
9,225kg
運搬・焼却処理した場合に排出されるCO2量
338,958kg

※産出データに関して 全国通運連盟資料・NPO法人生ごみリサイクル全国ネットワーク資料参照


*** CO2排出量比較(参考値) ***

  • 生ごみ処理機の場合
    6,859kg
  • 運搬・堆肥化した場合
    9,090kg

    CO2排出量削減率
    約24.5%
    (削減量2,231kg)
  • 運搬・焼却処理した場合
    338,958kg

    CO2排出量削減率
    約97.9%
    (削減量332,099kg)

~導入までの主な流れ~

STEP1 ●製品のご紹介
●ヒアリング、ご要望の確認(現状の処理方法、投入食材の内容、発生量など)
STEP2 ●費用対効果の試算
●実際に稼働している施設にて視察(機器のご説明、設備環境のご説明、臭いの確認など)
STEP3 ●現地調査(設置環境、電源、給排水設備など)
●お見積書(諸経費等含む)
STEP4 ●デモ機の設置 ※設置環境などによっては諸経費が発生します。
●導入方法(現金、リース等)の決定
STEP5 ●本契約の締結(注文書の受託)
●保守契約の締結
STEP6 ●製品の搬入、設置
●アフターサービス

~製品ラインアップ~

●小型処理機(1日の処理量:20kg/30kg/50kg/100kg)

  • GJ-20
    GJ-20
    処理能力:20kg/日
  • GJ-30
    GJ-30
    処理能力:30kg/日
  • GJ-50
    GJ-50
    処理能力:50kg/日
  • GJ-100
    GJ-100
    処理能力:100kg/日

●中型処理機(1日の処理量:250kg/350kg/500kg)

  • GJ-250
    GJ-250
    処理能力:250kg/日
  • GJ-350
    GJ-350
    処理能力:350kg/日
  • GJ-500
    GJ-500
    処理能力:500kg/日

●大型処理機(1日の処理量:750kg/1,000kg/2,000kg)

  • GK-2300N
    GK-2300N
    処理能力:750kg/日
  • GK-3200N
    GK-3200N
    処理能力:1,000kg/日
  • GK-6400N
    GK-6400N
    処理能力:2,000kg/日
ご不明な点やお知りになりたい情報など、
お気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロード


 お問い合わせ 

資料ダウンロード
お問い合わせ